アナログだって良いじゃない!手帳を過去のものにしないサイト。

>

発想の転換、前向きに捉える

手帳を使って夢実現!成功者への道

多くの成功者に共通して言えること、それは以下の6つの事柄を実践していることです。

何かを達成するにあたり到達点を明確にする。
細かく書き込むのでは不十分です、簡潔にでも良いので目標の中に具体的な数字などを入れると効果的です。

手帳は常時持ち歩き何度も見返す。
見返すほど自分の立てた目標が意識の中に刷り込まれます。
予定を何度も見ることでも抜けが無くなりますね。

目標などは希望(したい)ではなく言い切る(した)。
言い切るか言い切らないかでは意思の強さがかなり異なります。

デジタルは避ける。
スマホ等で入力するより自身の手で記入することによりこちらも潜在意識への刷り込みが可能です。

四半期ごとに自身を評価。
客観的な視点が必要ですが定期的に評価することで次回への課題が浮き彫りとなります。
課題を繰り返し克服出来たということは成長の証。

財布同様手帳はすっきりさせる。
言うまでもありませんが持ち主の性格が表れます。

手帳はあなたの人生という名のシナリオ

例えば雑用をお願いされた時、断ることも出来ますがそれを受け入れたということは自身のシナリオを自身で決めた、つまりその瞬間それは貴方にとって雑用ではなく予定になるのです。
仮に雑用ばかり押し付けられたとして、雑用を予定として手帳に記入することで自身のシナリオに書いてあることだからと納得、言い聞かせが可能となり精神的な負担が減りますね。

これを切欠にして雑用という名の仕事に対しての認識を変えてみては如何でしょうか。
表現が良くないだけで雑用と呼ばれているものも立派な仕事の一つです。
何か頼まれごとをしたら雑用ではなくとにかく予定として手帳へ記入し自分自身のシナリオを加筆しながら成功への道を歩んでいきましょう。


この記事をシェアする